婚約指輪の失敗しないサイズの選び方は?

指のサイズは時間帯、季節で異なる

一生に一度の宝物である婚約指輪ですので、デザインはもちろんのこと、自分の指に合ったサイズの指輪が欲しいですよね。婚約指輪のサイズを間違ってしまうと、きつ過ぎる、また指から抜けてしまうなどといった問題が起こります。実は、指の太さというのは、時間帯や季節によって変わります。午後になると、「指がむくんだ」と感じる女性も多いのではないでしょうか。自分の指にぴったりと合ったサイズを見つけるために、朝と夜の指の太さを測って、その平均を取ってみるとよいでしょう。また、一年を通してみると、夏は指が太く、冬は指が細くなるといった傾向があります。このことを考慮しながら、春または秋に指のサイズを測るとベストであると言えるでしょう。

プロに測ってもらおう!

指輪の専門店などを訪れると、「リングサイズゲージ」という道具を用いて指のサイズを測ります。自分の指にぴったりの指輪を作るためには、専門店などで店員さんに指のサイズを計測してもらうことがおすすめです。また、女性は妊娠や出産などによって指のサイズが変わりやすいと言えます。指輪を作る時には、現在の自分の指に合うサイズを選び、将来的に指のサイズが変わった時にはサイズ直しをすることを想定しておいても良いでしょう。サイズ直しやクリーニングなどのアフターサービスが充実している専門店で指輪を購入すると、対応が早いといったメリットがあります。指輪のデザインによってはサイズ直しができない場合があるので、あらかじめ確認しておくことが大切です。

婚約指輪を高崎すると、大きな満足を得ることができるという特徴があります。素晴らしいサービスをしてもらうことができるからです。